フジパンの菓子パンスナックサンドの勝手におすすめランキング3選!

スナックサンドといえば、手軽に食べられる美味しいサンドイッチですよね。

菓子パンや調理パンなどの新商品が楽しみな方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、スーパーやコンビニで見つけ、気になった、フジパンのスナックサンドの食べ比べをしてみました。

3種類を選んでみましたので、食べてみた感想を皆さんとシェアしたいと思います。

こしあん&ホイップ

・参考価格:100円(税抜き)
・内容量:1個47g(2個入)

1包装当たりの栄養成分表示

・エネルギー・・・117Kcal
・たんぱく質・・・2.7g
・脂質・・・・・・1.8g
・炭水化物・・・・22.5g
・食塩相当量・・・0.34g

*この表示値は、目安です。

【名称】菓子パン【原材料名】小麦粉、桜葉入りこしあん、ミルクホイップクリーム、砂糖、マーガリン

食塩、パン酵母、乳等を主原料とする食品/ソルビトール、増粘剤、(加工デンプン、増粘多糖類)、酢酸Na

乳化剤、セルロース、グリシン、メタリン酸Na、香料、pH調整剤、V.C、酸化防止剤(V.C)、(一部に乳成分・小麦・大豆を含む)

【製造者】フジパン株式会社

見た目と食べた感想

・桜葉入りのこしあんとホイップクリームを挟んだスナックサンドです。

・パン生地はしっとりしています。

・桜餅のような、桜の葉の良い香りが食欲をそそります。

・桜葉入りのこしあんとホイップクリームのバランスが良いです。

・こしあんとホイップクリーム、2つとも甘さ控えめなので、くどくなくサッパリ食べられました。

ほうじ茶ラテ

・参考価格:100円(税抜き)
・内容量:1個45グラム(2個入)

1包装当たりの栄養成分表示

・エネルギー・・・128Kcal
・たんぱく質・・・2.5g
・脂質・・・・・・3.8g
・炭水化物・・・・20.9g
・食塩相当量・・・0.35g

*この表示値は、目安です。

【名称】菓子パン【原材料名】小麦粉、ほうじ茶ホイップクリーム、砂糖、マーガリン、食塩

パン酵母、乳等を主要原料とする食品/グリシン、カラメル色素、乳化剤、酢酸Na、香料、セルロース

増粘多糖類、リン酸塩(Na)、カゼインNa、酸味料、V.C、(一部に乳成分・小麦・大豆を含む)

見た目と食べた感想

・加賀棒ほうじ茶を使用したほうじ茶ラテホイップクリームを包んだスナックサンドです。

・加賀ほうじ茶とは、一般的なお茶は、葉の部分が使われています。

棒茶は茎の部分が使われているそうです。

なので、芳ばしくてまろやかで、豊かな香りがしました。

・美味しそうなラテの良い香りがします。

・「加賀棒ほうじ茶」は、28%使用されているそうです。

・ほうじ茶ラテホイップクリームは、甘ったるくなく、口の中で溶ける美味しさ。まるで飲み物のようです。

スイートポテト

・参考価格:100円(税抜き)
・内容量:1個46g(2個入)

1個当たりの栄養成分表示

・エネルギー・・・112Kcal
・たんぱく質・・・2.6g
・脂質・・・・・・2.0g
・炭水化物・・・・21.0g
・食塩相当量・・・0.35g

*この表示値は目安です。

【名称】菓子パン【原材料名】小麦粉、さつまいもあん、ホイップクリーム、黒糖蜜、砂糖、マーガリン

食塩、パン酵母、乳等を主要原料とする食品/ソルビトール、着色料(カラメル、カロチノイド)、香料

グリシン、酢酸Na、セルロース、酸味料、V.C、(一部に乳成分・小麦・大豆を含む)

見た目と食べた感想

・なめらかなさつまいもあんと、ホイップクリームが入った、黒糖生地のパンのスナックサンドです。

・軽い舌触りのさつまいもあんは、ほど良い甘みを感じます。

・黒糖の味はきつくなく、ホイップクリームとのバランスが良く取れていて美味しいです。

個人的勝手にランキング!

第1位【ほうじ茶ラテ】★★★
・加賀ほうじ茶が楽しめるのがポイント高いです。
・最近ほうじ茶を使ったソフトクリームやスイーツが多くなりました。スナックサンドで味わえるのも良いですよね。

・ほうじ茶ラテホイップっクリームはとろける美味しさ。スナックサンドなのにラテを飲んでいるように美味しかったです。

第2位【こしあん&ホイップ】★★
・普通のこしあんではなく、桜葉入りというのに惹かれました。香りも良く美味しかったです。

・こしあんとホイップクリームを一緒に食べる美味しさを改めて堪能する事が出来ました。
・こしあんの舌触りのよさとパンとの相性は抜群に良いですね。

第3位【スイートポテト】★
・黒糖を使ったパン生地は、見た目も良く美味しかったです。
・甘さを抑えた芋あんとホイップクリームの味を楽しめました。

まとめ

今回は、スーパーやコンビ二で見つけたフジパンのスナックサンド新商品3種類の食べ比べをしてみましたが、いかがでしたでしょうか。

スナックサンドの元祖はフジパンで、1975年に誕生しました。これからも、どんな美味しい物が登場するのか益々楽しみです。

また、持ち運びにも楽で便利なところも良いですよね。とても美味しいので、皆さんもぜひ召し上がってみて下さい。

最後まで読んでいただき本当にありがとうございます。

この記事を読んだ方はこちらも読まれています